Blog

衣替えの時期になると、新しい服を買うと言う人は多いと思います。

けれど私は衣替えの時期になると、服を一気に捨て始めます。

何故か分からないのですが、一気に五六着は捨ててしまいます。

多分、次のシーズンの衣装ケースから服を出そうとすると、既に好みから外れた服や汚れが気になる服が見つかるのでしょう。
そうやって、二三着がゴミ袋行き。

そして過ぎたシーズンの服を衣装ケースに入れようとすると、今度はちょっと傷みが気になる物がちらほら。
毛玉が出来ていたり、型崩れしていたり。
こういう服もゴミ袋へ。

そうしていると、自然と五六着は捨てる計算に。

ただ、問題なことが。

ここで新しい服を買うのかと思うと、そこがまた違うのです。

捨てる欲求が高くなっていると、買う欲求が低くなるんでしょうね。
買う意欲が無くなっていて新しい服が補充されないんです。
衣替えも済んで大分経った頃に、ようやく二着位買い足すだけなので、年々服が減っていくという仕組み。

そうこうしているうちに、また新しい季節がやってきているので、何着かゴミ箱に行くのだと思います。
もう少し今年は服を増やせれば良いのですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。