Blog

基本的にファッションの世界では季節を先取りするのはOKとなっています。
残暑が残る時期に秋の装いをしたり、寒くても春っぽいファッションをするのはオシャレだと言われます。

しかし、最近は季節をまったく無視したような格好を好む人が増えてきました。
ドレスアップしているわけでもないのに真冬に肩や背中を出している人や、真夏にロングブーツやニット帽をかぶっているいる人たちです。
そういう変わった格好をする人は昔もいましたが、周りからは変わり者扱いされてたように思います。
最近はそんな人が増えてきていることに違和感を覚えます。

やせ我慢して季節を先取りするのは「がんばってオシャレしてるな」という感じがして許せるのですが、季節感をまったく無視したようなファッションはやはりちょっと違うのではないかと思います。
高価なブランドの洋服をセンス良く着ていたとしても季節感を無視したファッションには抵抗感があります。
日本では、季節をほんの少しだけ先取りするというのが、やっぱりしっくりくるような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。